タグ: transfer

モーチットの陸運局で四輪車の名義変更 2017年08月30日

image

タイから日本へ本帰国するにあたって自分で持っている車の名義を彼女のものに変更して帰ろうと思いました。ついでに今まで乗っていたバイクも彼女のお兄さんに1万バーツで売り飛ばして一緒に名義変更。

朝から陸運局行きましょう、とは言っていたものの、皆が揃ったのは10時半。個人的に「この時間から出かけても超混んでるんじゃないか??」と思いながら車を運転して陸運局まで。

到着する前から猛烈な渋滞に巻き込まれ、陸運局内の駐車場も二重、三重駐車あたりまえ、「お前こんな路上に止めて、奥の車どうやって出すんだ」というような酷い駐車の車の間をくぐり抜けるも駐車する場所なし、同じ場所をぐるぐる停める場所求めてさまよう。

「別に車停めなくてもいいよ、最初に車検(車体番号確認)するから検査場のほうに運転してきて」

と言われるままになんだかよくわからない建物に続く車列に並ぶ。そこで車体番号を確認して書類を作成する。

別館にて受付で書類の内容を確認してもらい指摘された修正事項を直して順番待ちのキューシートを受け取る。受け取った段階で自分の番が来るまでに213人待ち。クラクラするわ。。。

image

食べ物はカップラーメンしか置いてない敷地内のカフェに行って一休みしながら順番を待つ、待つ、待つ。。。。

結局、最終的に名義変更が終わって彼女の名前が記載された自動車登録証を受け取ったのは夕方5時を過ぎて。二人とも消耗。。。いやー、暑い、人が多い、めんどくさい、腹が減った。。。久しぶりに地獄に足を踏み入れてしまった一日でした。やっぱり、「タイの役所は朝イチで行け」という教訓は間違ってはなかったです。。。

日本の実家に光回線が!!タイ側PCとのデータ転送はBit torrent Syncが良いか?? 2016年02月07日

Computer Data Output

日本の実家には両親が住んでいるが今までのところモバイルルーターを一台置いていて、宅内も外出時もそのモバイルルーターがインターネット通信を一手に引き受けていたのだが、僕が実家に帰った際にも不安定&遅いという点は否めなかった。

ところがうちの親父の携帯の買い替えタイミングを機にインターネット回線を一新したそうな。モバイルルーターは解約、携帯はもう電話機能だけでいいということでガラケーにしたらしい。そしてインターネット回線はなんとeo光(関西なんで)を引いてくれたらしい。これは僕的には非常に嬉しい。ウェブで見てみると安いプランのやつでも上り下りが100Mbps!これは素晴らしいことになりそうだよ!

Mr.Boo 転送失敗 2015年10月10日

というわけで開通を確認してから、ウェブの通販で22,000円ぐらいの中古PCを購入、実家に配送。親父にネットワーク接続とTeam Viewerのインストールまでは作業してもらった。

さて、速度計測。下り200Mbps、上り270Mbpsもある!!素晴らしい!!これだけ速度が出るせいかTeam Viewerでのリモート操作もまるで直にPCをイジってるかのような操作感。

これで日本でしか手に入らないDVDなんかをタイの自分のPCに持って来ることができる。AmazonでほしいDVDを購入して実家配送、日本側PCでDVD Decrypterあたりでリッピングして、それをタイ側のPCまで転送かけて持ってくるわけだけど、いろいろマルチメディア系の業界でも巨大な動画素材などを日本に転送かけるのが大変、などと言われているのと同じく、DVDの平均6GBぐらいあるファイルをどうやって転送かけるか?

サーバーを介した転送というのはやはりサーバーを経由する際にサーバー側の通信処理のオーバーヘッド、および処理のログ記録などでオーバーヘッドが発生するので基本若干でも遅くなる。

そしてサーバー側には今回何もデータを置く必要性はない。利用するとしてもただの中継点としか利用しないので、ここでデータ転送の速度を落とすのは不本意。そうするとここはP2Pしかないなと。P2Pというが、単純に巨大ファイルを扱えるEnd to EndをそれぞれPCで結ぶ通信さえできればオーケー。

結局、ざっと探しただけだがP2P方式で特定のPC間のデータ転送/同期を扱うにはBit torrent Syncが良さそうという結論でテストしてみたところ16Mbps > 1.7MB/s程度の速度が出ています。

端末間のデータ同期でこれだけの速度が出てるのは始めてみるなあ。しかし改めてnetstat等で接続を確認してみたら直に日本のPCとタイのPCで通信を張っているセッションはなかった。今の環境はタイでも日本でも両方共IPマスカレードの配下に居るので接続用のサーバーが必須ってことか??なので少なくともどちらかのマシンをStaticNATでGlobal IPと結びつけてやる必要がある。

次は手元側のタイのルーターのNAT設定を変更して再度速度テストをしてみるつもりであります。たぶんまだ速度改善はできるのではないかという目論見です。とりあえずは一発目にこっちに持ってきたMr. Boo インベーダー大作戦の広川太一郎の吹き替えバージョンを楽しみます。

Mr.Boo 転送失敗 2015年10月10日

RIP cd-rom

マイケル・ホイのMr.Booシリーズ、日本語字幕版が見たいのと、日本のAmazonでMr.Boo初期の作品の5枚組DVDボックスが中古で5000円ぐらいで出ていたので「見たいなあ」とぼんやり言っていたら、会社の人が「日本のPCにリモートツールで接続してDVDからデータ抜き出してタイにダウンロードすりゃいいじゃん」と言っていた。

当たり前の話のようだけど、自分でも考えつく割にはなんでやってなかったんだろう?これ、一回もやったことがない。しかも9月の日本帰国時に、いつでもサポートしてやれるよううちの親父のPCにTeam Viewerを仕込んできたのでちょうど好都合だ。実家にDVDボックス届けてもらって、TeamViewerの立ち上げとDVDを一枚挿入してもらい、その後寝てる間PCを使わせてもらう算段。

さて、うまくいったでしょうか?

うまくいけば5枚組DVDボックスだから5晩毎日同じ手順を繰り返せば全部のDVDを広川太一郎の吹き替えでバンコクのPCで見ることが出来るはずだが。。。

結局、TeamViewerで大阪の実家PCに接続する、DVD DecrypterなりでDVDデータをisoファイルに落とす、まではなんの問題もなく終了。昔DVD shrinkを使っていた頃に比べるとisoファイル化もめちゃくちゃ早い時間で終了できる。

が、約6GBとかあるisoファイルをSCPで自分のサーバーにあげようとする時点でアップロード速度が遅い、アップロードを開始して30分ぐらいでTeam Viewerが落ちる、などなどの問題が。6GBのisoファイルひとつをまるまるアップロードってのはキツいだろうからisoファイルを100MBごとに分割してアップロードを試みるもやはりアップロードし始めてから30分ほどでTeamViewerが落ちる現象は変わらず。。。

そういや実家はSoftbankのモバイルルータが1個あるだけの通信環境なので多分だけどアップロード帯域が足らんのでしょう。帯域いっぱいいっぱいになってTeam Viewerも落ちてるんじゃないかと推測してます。ここが原因じゃなくてもやっぱり回線自体はお世辞にも早いとは言えないので僕が金払って実家に光回線を引いてもらうことも考えましたが、どこのキャリアの契約でも2年縛りで大体月平均3,000円強ぐらいは取られるのでちょっと腰が引けますな。

しかし日本のキャリアの回線ってやっぱりまだまだ高いなー。ADSLだとそこそこお値頃なんですが、やっぱり上り回線の帯域が細くてアップロードには問題が出てしまう。よくよく考えると今もうクラウド全盛でDropboxやOne Driveみたいなクラウドストレージをバンバン使うのなら以前よりも上りのトラフィックは以前よりも格段に増えているはず。ADSLみたいな上り/下りが非対称で上りが極端に低速なものは使いにくいですな。これを受けてバンコクの自宅でもネット環境を整えとこうと思い回線をADSLからFiberに変えます。今までのADSL 10Mbps/521KbpsのものをFTTB 15Mbps/5Mbpsに変更します。下りは1.5倍、上りは10倍になって毎月の支払はFTTBのほうが数割安くなるのでいいことだらけ。650THBぐらいなので日本円だと2000円ぐらいか?

しかし日本の実家の回線はどうしようかなー。

Mr.BOO ! DVD-BOX (5,000セット限定生産)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005-08-26)
売り上げランキング: 38,187

ThunderbirdはWin <-> Macの移行もわかりやすい 2015年09月13日

758a7e04dd5e52d0

勢いで買ったSurfaceを試すためにメールデータも全部移行してテスト中。

しかしThunderbirdは相変わらずWin -> WinのみならずWin -> MacMac -> Winでも乗り換えが簡単で最高ですな。

Winなら
C:\Users\yamagiwa2000\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles.ini
C:\Users\yamagiwa2000\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\??????.default\

Macなら
/Users/yamagiwa2000/Library/thunderbird/profiles.ini
/Users/yamagiwa2000/Library/thunderbird/Profile/??????.default/

* “yamagiwa2000″の部分はログインユーザー名
* ??????.default\、??????.default/ の??????はランダムな英数字
* ??????.default\、??????.default/ はそれぞれ配下のファイル、フォルダを含めたフォルダまるごと

でこれらのファイルを移行元マシンからコピーして移行先マシンにペースト。Thunderbirdアイコンダブルクリックで設定からメール保存してるフォルダ構成からすべて同じでひきついで立ち上がってくれる優秀な子。もうかれこれ10年もお世話になっております。途中鶴亀メール(現・秀丸メール)というニッチなメールソフトを2,3年ほど使ってた時期もありますが、遡って行くと、元々FirefoxやThunderbirdはMozillaプロジェクトでNetscapeの流れなのでNetscape Messengerを使ってた時を含めると15年ぐらいは使ってるかもしれない。。。

Netscape Navigator 3.0
↑ 懐かしのNetscape Navigator3.0起動画面。

signature-in-netscape
↑ こちらはv4.0かな?Netscape Messengerの画面。

Paypalでタイから日本へ送金する時の手数料 2012年03月24日

PayPal booth at LeWeb

以前から試してみたかったPaypalでの海外送金をやってみた。ちょっと中途半端な金額ですが、51,000円を入金しようと考えました。

まず結論から。タイから51,000円を日本に送金(2012/03/24現在)、

タイ側で必要な金額 19,524.03THB
日本側で受け取れる金額 48,721円

となりました。さて以下計算です。

日本側の僕の日本円建てPaypalアカウントでタイのバーツ建てアカウントに請求依頼。その後、タイバーツ建てアカウントから支払い。この際、51,000円を送るのに19,524.03THBかかるとのこと。レートは100JPY=38.32ぐらい。ちなみに為替レートにはPaypalが2.5%の手数料を乗っけているとのことで、

19524.03/1025*1000=19065.40
19065.40/510=37.38

この時のバンコク銀行のJPYのsellのレートが37.43。ここまでが送金側の手数料。

さらに日本円建てのアカウントで受け取った際の受け取り手数料が、そのアカウントの月間入金額で%が変わってくるがデフォル3.9%+40円となっているので51,000円で計算すると2,029円の手数料が掛かる事になります。そしてどこかの銀行に送金して初めて使えるようになるので銀行口座に送金します。これが50,000円以下の場合は手数料が250円。んで、51,000円送ったけど、手数料引かれたのでPaypalにある金額は50,000円ない。。。というわけで250円が必要となり最終的には48,721円の受け取りとなりました。

さてこれを銀行での海外送金と比較。しかし銀行の海外送金って実際にはやってないので銀行のHPなどを見ながらの想定です。もし間違ってたらご連絡ください。

例えばバンコク銀行の場合、51,000円を日本の銀行口座に送金する場合、送金手数料が400THBかかり、為替レートはバンコク銀行のJPYのsellレートを適用します(これ、本当にこのレートでいいかわかりません。もしかしたら違うレートが適用されるのかも)。

51000/100*37.43+400=19489.30

タイ側の手数料はこれだけかな?そう考えると、Paypalの送金金額と銀行送金の手数料込みの送金金額はほとんど変わらない。というかPaypal側がのほうがちょっとオーバーした。まあ、Paypal側は為替レートが2.5%割増だから、送金金額*2.5%<銀行の送金手数料となる場合のみPaypalを使ったほうがいいかもしれない。 しかし、受け取りの手数料が日本の銀行の場合、大体3,500円ぐらいかかるらしい。Paypalの場合は51,000円だと受け取り手数料は2,029円でPaypalのほうがだいぶ得です。銀行の受け取り手数料を3,500円と仮定すると、Paypalでは88,718円までは銀行の手数料よりも安くなります。 この辺、Excelで自動計算表を作成してみました。緑の背景にしているセルにデータを入力すると下部に自動的に計算して送金に必要な金額と、結果受け取れる金額を表示してくれます。ただし、こちらはあくまでも参考程度ということで。僕は何の責任も負いません。 Paypal:タイから日本への送金手数料計算シート

ま、やっぱ小額の海外送金に向いてるのがPaypalですな。タイから日本円だとタイで20,000THB程度、日本円にして50,000円程度がちょうど分かれ目というところでしょうか。