先日、テレビを見てましたら以下のようなニュースがやっておりました。


ミャンマーの首都ヤンゴンで26日、麻薬撲滅に向けた式典が行われ、アヘンやヘロインなど総額3億2800万ドル(約360億円)相当の麻薬が焼却された。国連薬物犯罪事務所(UNODC)と協力した行動計画の一環で、式典には、軍事政権のテイン・セイン国家平和発展評議会(SPDC)第一書記のほか国際機関や非政府組織(NGO)の代表が出席した。会場では、押収された生アヘン625キロ、ヘロイン760キロ、メタンフェタミンの錠剤やマリフアナなどを山積みにして展示後、焼却炉で処分した。ミャンマー政府は1998年、国際公約として2015年までの麻薬ケシ撲滅を宣言。日本もJICA(国際協力機構)がケシの代替作物としてソバ栽培を推進するプロジェクトを進めてきた。米政府によると、ミャンマーのアヘン生産量は1996年の2650トン(推定値)をピークに、2004年には292トンまで減少したとされる。

焼却炉からがんがん煙が吐かれているのを写してましたが、大丈夫なんでしょうか。あれが風で街にながれ、全市民総キマり状態にならんのかと心配でした。

中学生の時に学校の焼却炉にポリバケツの蓋を次から次へと詰め込んでドス黒い煙をがんがん吐かせていたら学校中が黒煙に巻かれてしまい、怖くなって逃げ出したことを思い出しました。