タグ: setup

いずれ消え行くPebble Timeを入手 2017年06月18日

image

バンコクのCentral Worldで売れ残っていたPebble Timeを見つけた。Pebbleという会社は元祖スマートウォッチメーカーで、初代は電子ペーパー採用でスマホと連動するスマートウォッチをクラウドファンディング経由で製造して大成功した会社だったが、最終的にスマートウォッチ群雄割拠状態に揉まれて昨年11月にFitbitに買収されていたようだ。

さらにはFitbitの方もどうやら既存のPebble製品を継続する意思が無いようで、これらの製品は終焉に向かうとの事。(ただ、「後はご勝手に、という感じで向こう側のサーバーやアプリを経由しなくても一応使えるようにする配慮はあるらしい)

初代Pebbleの頃から電子ペーパーのギザギザのビットマップ調のグラフィックが大好きで、いろいろApple Watchなどに浮気したりもしましたが何気にファンでした。もう手に入らなくなるかもと思ってPebble Timeを購入。3,990バーツ。他のスマートウォッチと比べると安くていい。

image

image

Heart RateモニタもGPSも付いてるわけではないけれど、本体がプラスチックで軽いし、30気圧防水、ウォッチフェイスはネットからダウンロードして好きなものをチョイスできる(自作することも出来る)。

ウォッチのアプリは正直大したものはない。

このPebble Timeの何がいいって公称7日間持つと言われるバッテリーです。ディスプレイが電子ペーパーだからこれだけ持つのだと思います。また、カラー画面になったPalmマシン(と言って分かる人がどれぐらい居るか?)みたいな感じの古臭い画面デザインも好き。後から自分でインストールしないといけないけれど日本語化すれば初代の時と同様日本語表示も出来ます。フォントサイズを一つ下げるとちょうどいい見栄えになる。

各アプリからの通知を読む機能に関してはApple Watchと比べてなんら遜色なし。誰から来たメール・メッセージか?冒頭の数十文字ぐらいは確認できるのでバイク乗ってる時なんかにすぐに返信が必要なものか、後に回していいものかの判断がつく。

というわけで久しぶりのPebble生活再開です。

ちなみに日本語化は以下のサイトの日本語化ファイルをiOSならsafariでダウンロードしてPebbleアプリから開けば「インポートしますか?」と聞いてくるのでインポートしてやると日本語化されます。これで□□□、という豆腐表示がなくなります。

また、僕が今回買った時にはなぜかウォッチフェイスやアプリをPebbleアプリからインストールしようとしても、リンクが切れてるのか各アプリのインストール画面に移動すると「読み込めません」エラーが表示されてインストールできなかった。これは一時的なものなのかもしくはディスコンに向けて機能が打ち切られたのかよくわかんない感じだが、こちらも

Pebble Watchのアプリストアapps.getpebble.comからパッケージファイルPBWをダウンロードする方法

このサイトにあるように、safariでapps.getpebble.comのサイトをブラウズしてインストールしたいアプリやフェイスの画面まで来たところで、URL末尾に “&dev_settings=true” を追加して再度開いてやるとスクロールした一番下にpbw(インストール用ファイル)をダウンロードと出るのでそこをクリック、ダウンロードしたらそのファイルをPebbleアプリで開いてやると日本語化ファイルと同じようにインストールできる。

※ こちらはPebble TimeのリセットとiPhoneにインストールしたPebbleアプリの再インストールを行うことで問題解決しました。どうもインターネット接続の安定したところ初期設定をやらないと問題が出ることがあるみたい。僕は夕方にトゥクトゥクに乗りながらセットアップしてたのでネットへの接続が不安定だったのかもしれない。

image

なんかすでに機能が停止しかけてる感のあるPebbleですがバッテリ持ちのいいかわいい時計なんでしばらく愛でてやりたいと思います。

socksサーバーをConohaのVPSにインストールする その2 2015年11月27日

google-mini-server-porn_22aug2008_7324

さてsocksサーバー構築の続きです。

しかしまた、socks5のセットアップ情報も日本語では少ない。当然使ってる人が少ないからだろう。とりあえずsocks5のサーバーとしてはdanteというパッケージが有名らしく、それを入れることにする。

Dante – A free SOCKS server
↑ Danteの本家サイト

通常CentOS6でバイナリをインストールする際に使うyumにもdanteは用意されていない。調べてみるとrpmでならバイナリが用意されているようでrpmforgeというrpmのレポジトリをyumに追加してそこからインストール。

[root@localhost ~]# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
[root@localhost ~]# rpm -ivh rpmforge-release-*.rpm
[root@localhost ~]# yum -y update

% vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
### Name: RPMforge RPM Repository for RHEL 6 – dag
### URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = RHEL $releasever – RPMforge.net – dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el6/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el6/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

yum -enablerepo=rpmforge info dante*
yum -enablerepo=rpmforge install dante*

これでとりあえずdanteのパッケージはインストール完了。

あとは設定ですが、設定ファイルの構成はシンプル。基本的には/etcの下のsockd.conf と socks.confの2つのファイルをviなどで編集するだけ。さらに今回みたいにインターネット上にサーバーを配置するならユーザー認証で認証されないと接続できないようにすると思うが、基本的にsquidのbasic認証のようにユーザー名とパスワードをsocks用に別途用意するのではなく、ホストに登録されているユーザー名とパスワードを利用するのでsocksを利用するユーザーを新たに用意して、ログインシェルをnullか/sbin/nologinを割り当てておく。

基本的にsocks.confでは

route {
from: 0.0.0.0/0 to: 0.0.0.0/0 via: direct
proxyprotocol: socks_v5 # server supports socks v5.
}

このように from: x.x.x.x/x to: x.x.x.x/x でACL指定(このサーバーはインターネット上にあり、アクセス元もGlobal IPがDHCPで変更されるので特に制限はしない記述)とサーバーでサポートするプロトコルの指定。基本的にこれだけで記載した。

sockd.confは

logoutput: /var/log/sockd.log

ログの出力をファイルに指定して、

internal: x.x.x.x port = 1080
external: x.x.x.x

でPCから接続を受け付けるIP→internal、socksサーバーから出て行く通信の送信元IPアドレス→ externalで指定する。今回はinternal = external というように同じIPになった。仮想IPを割り振ってサーバーを運用してる場合でもこのinternalとexternalに同じようにどんどん併記していけばちゃんと1のアドレスから入った通信は1から出ていき、2のアドレスから入った通信は2から出て行くように動作していた。

# methods for socks-rules.
socksmethod: username none #rfc931

# methods for client-rules.
clientmethod: none

ここに後述する詳細ポリシー設定の際に使用するアクセス方法を記載しておく。ここに書いていないと後のポリシーの記述内で指定しても有効化されない。ちなみにclientmethodの記載はPCからsocksサーバまでの通信、socksmethodに関してはsocksサーバーから外部の宛先までの通信に適用される。

user.privileged: root
user.unprivileged: nobody

これらはsocksのサービスが稼働する際のユーザー権限の設定。でいいはず。

client pass {
from: 0.0.0.0/0 port 1-65535 to: 0.0.0.0/0
log: connect disconnect error
}

socks pass {
from: 0.0.0.0/0 to: 0.0.0.0/0
protocol: tcp udp
user: AAAA
log: connect disconnect error
}

後はこれらのポリシーの設定をしてあげる。先も言ったようにclient passがPCからsocksサーバーまでの通信のポリシー、socks passがsocksサーバーからアクセス先サーバーまでの通信のポリシーとなる。上記ではclient passではすべてのアドレスからすべてのアドレスへすべてのポート番号で許可して、通信のログをちゃんとファイルに出力しますという指定だけしている。

socks passも同じく通信の制限はほとんど課さず。サポートするプロトコルをtcp、udpと指定して同じくログ出力の記述。登録されたユーザーだけが使えるようにsocks pass内にmethod: username を追記して終わりかと思ってたが、なんでかうまく動作しない。数時間トライしたが、最終的にmethod: usernameではなく、user: <ユーザー名> というふうに記載したらとりあえずユーザー認証が正常に動作してくれた。

ffftpでsocksの指定をしてユーザー名、パスワードを設定してちゃんとftpサーバーに接続出来た。socksサーバーのユーザー名、パスワードを削除して接続しようとしても接続失敗するのも確認してとりあえず設定完了。

多分こんな感じでいいはずだ。。。

で、結局テストのみで最終的に使うことなく終わる。勉強する機会を与えて頂いてありがとうございました。。。これがなければ触る機会はなかったな。。。

以下参考にさせてもらいました。

danteでSocks Proxy — command not found:
SOCKSサーバ Dante インストール – moremagicの日記
↑ インストールに関して。日本語サイト。

sockd.conf(5): Dante server config file syntax – Linux man page
↑ 英語サイトだけどconfファイルのオプションの説明詳細が豊富。本家サイトのドキュメントより役に立つ。

socksサーバーをConohaのVPSにインストールする その1 2015年11月26日

server room

今月は自分でやってるVPN・プロキシ関連でインターネット経由での問い合わせがバンバン来た月だった。その中でとある方からのリクエストでクラウドのサーバーにsocks5のプロキシを立てれないか?というご要望。

「socks5?socks5?。。。そういえばブラウザのプロキシ設定の中でそのような言葉を見かけたような。。。」

SOCKS – Wikipedia

そう、個人的な記憶ではWindows / Internet Explorerのプロキシ設定や古くはNetscape、今はMozilla Firefoxなどのブラウザのプロキシ設定の項目で90年代からsocksはすでにあったように思う。20年弱インターネットに触れてきて始めてsocks5の単語を人が話しているのを聞いた(見た)。「こんなもの、誰が使ってんだ??」と思ってたがやっぱり少なからず使ってる人は居るのね。

で、ものの試しにセットアップ。Conohaというこれまた格安でVPSのインスタンスを貸し出してくれるサービスで手馴れているCentOS6.6のVPSを1つ借りてセットアップスタート。

ConoHa

しかし問題は、socks5、自分は今まで使ったことがないだけでなく、全く使い方がわからない、一般的にもどう使われてるのかわからない、という問題が。つまりどのような機能が実現されればOKなのかすら分からなかった。。。

んで、それもまたいろいろ調べて行ったらどうもsquidのようにHTTP/HTTPSのみではなくいろんなプロトコルをこのサーバーが中継してくれる。

[ PC ] <- 1 -> [ SOCKS ] <- 2 -> [ アクセス先サーバー ]

このように1と2の通信は別セッションになってて1はPCとSOCKSサーバー間、2はSOCKSサーバーとアクセス先サーバーの通信となってるところを見ると動作はsquidみたいな感じだが、役割的にはこのSOCKSサーバーを企業LANとインターネットの境界においてFirewallのような役割を持たせるようだ。昔の「アプリケーションゲートウェイ型のFirewall」のイメージか?SOCKS自体は中継のプロトコルとして定義されていてレイヤー5で動作するみたい。通信を行うクライアントのプログラムはSOCKSのプロトコルを実装している必要があるとのこと。

ファイアウォール(パケットフィルタリングとアプリケーションゲートウェイ)、DMZの仕組みや特徴について

んで調べてみるとどうやらWindowsのFTPクライアントであるffftpはFirewall経由でのFTPをサポートしていてそのFirewallにsocks5サーバーを指定できる。なのでとりあえずffftpでこのsocks5サーバーを経由して問題なくFTPでputやgetができればとりあえず動作確認完了ということにしてセットアップを試みるのであります。

長くなったんで ~その2~ へ続く。

iPhoneからAndroidユーザに返り咲き 2012年11月03日

iPhone5の予約は通らず、発売日にiPhone5を手に入れることはできなくなったのを受けて、20,000THB以上もするiPhone5から離れてGalaxy Nexusが11,400THBと安いので久々にAndroid使いに戻ることを決めた。昼休みに飯をさっと終わらせ、BTSでMBKに向かいささっと買ってきた。購入したのは以下のお店。

www.sphonethailand.com

Web上の価格は11,700THBとなっているが、実際にお店で聞くと11,400THBという。即決で「買うよ」という話で、箱開けて通電させ、液晶ディスプレイなどを確認してまた箱に入れ、持ち帰り。しかし、その後オフィスに戻ってよく見てみると箱の中の紙が少し破れていたりする。そして

“Do not accept if this seal is broken.”

みたいなシールをうやうやしく店員がカットしていたがよく見てみると二重に貼ってある。なんだ、一回開けてる奴じゃないか。やっぱMBKってちょっと油断するとこういうことする店ばっかだからあまり好きになれない。。うかつでした。とはいえ、モノの動作自体はまったく問題ないし、もっかいMBK行くのも面倒なのであの店ではもう買わないこととしてGalaxy Nexusをセットアップ。

Android OS 4.0.4 から 4.1.2 へアップデート
BootloaderのUnlock
CWMの導入
Andorid OSのroot化
(http://androidlover.net/smartphone/galaxynexus/sc-04d-root.html)

Android OS 4.1.2は中華フォントではなく、多分モトヤマルベリだと思うが、ちゃんと綺麗な日本語フォントが標準で入っていた。これで日本語フォント置き換えの作業が必要なくなった。そして必要なアプリのインストール

SNS&コミュニケーション系
Facebook
Twitter
Google+
Foursquare
Path
LINE
Facebook Messenger
Google+ Messenger

ウィルス対策
AVG Antivirus Free

Google関連
Google Drive(Googleドキュメント)
Google Reader(RSSフィードリーダー)
Pocket(Read it later系)

辞書
NAVER 英語辞書
Thai Dict (タイ英辞書)

電子書籍関連
Kindle
Aldiko(epub reader)
Adobe Reader
ezPDF Reader(電子書籍向けPDFリーダー)

仕事系
aCalender(Googleカレンダー連携カレンダーソフト)
GTasks(Google Tasks連携タスク管理)
Evernote(名刺管理)
dropbox(ファイル共有)

ユーティリティ
Automatic Task Killer(メモリ解放&バッテリーセーブ)
File Expert(ファイラー)
ProxyDroid(プロキシ設定ツール&NTLM認証超え)
Google 日本語入力
Chrome(ブラウザ)
Connect Bot(SSHクライアント)
skype(TV電話システム)
Pocket(パスワード管理ツール)

金融系
Bloomberg(株価ポートフォリオ管理)
Currency(為替)
inEx Finance(資産管理)
Paypal(オンライン決済)

ブログ書き&メモ用
Jota+ (Dropbox plug-in)
wordpress

ざっとこんな感じ。多少の操作感は変わるが、ほぼiPhoneの時と同じことはちゃんとできる。今回の移行でちょっと不便なのは、

iPhoneのiPassSafeではアカウントとパスワードの一覧がエクスポートできず、AndroidのPocketに手作業で30近いアカウント/パスワードのセットを入力したこと。

そしてiComptaがAndroidではリリースされていないので、ほぼ同等機能のInEx Financeというツールをインストールしたが、だいぶ操作感が変わった。

テキストエディタでメモしたテキストファイルをdropboxの特定のフォルダに溜め込み、PCでも携帯でも同じメモに簡単にアクセスできるようにしていたが、Jota+のDropbox連携モジュールではファイルの更新日時に基づくソートができないので最近開いたファイルにアクセスするのに多少時間がかかる。

FacebookやTwitter、Google Readerなどは大画面になって文字が見やすくなったり、スクロールなしで確認できる情報量が増えて満足。この大画面、パフォーマンス(Google Reference機だけあって、ちゃんとハードウェアに最適なようにパフォーマンスチューニングはされているように思う)、そして低価格ということで満足度の高い逸品。

バッテリーケースやその他の周辺機器はバンコク内にはほとんど売ってないが、eBayを見るとかなりいろんな種類が売ってるので、これは問題ないなと思っていたが、よくよく考えたらタイってバッテリの輸入ができなかったので、バッテリケースなどの購入は実はできないのでした。。。というわけでセントラルラマ3の携帯ショップで安い目のGalaxy Nexusのケースと中華バッテリーを追加購入。ケース350THB、中華バッテリ500THBとなっております。これで一応使えるバッテリ容量は2倍。

これから使い倒したいと思います。。。