タグ: Noodle

インドのマギーの作り方 2018年01月22日

先日散々インドの袋入りインスタントラーメン(ベジ・マサラ味)が不味い不味いと書きましたが、偶然 youtube でインドのインスタントラーメン屋台が作っているところを発見。なるほどと納得。

激烈にまずいインド Maggi のカレーヌードル 2018年01月13日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide
https://www.yamagiwa2000.com/blog/?p=17822

丼にお湯を入れてスープと麺を入れるとか、片手鍋にお湯沸かしてチョチョイと煮込むとかそんなもんではないんですな。しっかりと玉ねぎ、トマト、スパイスでカレーベースを作って、そのベースの中でさらに麺を煮込んで作るもんなんか。。

まー、タイでも普通の袋麺よりも屋台で作ってくれるクイティアオのマ・マーの方がうまいもんね。。しかし、この屋台動画でもわかりますが、結構時間かけてお湯の鍋の中で湯戻ししたはずの麺ですが、何気にマサラスープの中に放り込んだ段階でも結構麺硬そう。。このマギーって本当に麺の湯戻りが悪くてボソボソなんですわ。。。

でもせっかくなんでもうちょっとうまく食うために試行錯誤いたします。

富士ヌードルNo.1 2017年11月22日

IMG_0862
↑ 温肉富士No.1!

高円寺のくら家にそばを食いに行きました。確かに蕎麦は腰があっていい。天ぷらも悪くない。んで、ちょっとだけ文句を言うならそばつゆが自分には香りが強すぎてそばの味がもうちょっと強く感じれるものだといいなあと思った。

しかし総評として、やはり富士そばのほうがうまいという結論。ここは中々揺るがないねえ。

こういうことを書くと色んな人に「そばっちゅうもんをわかっとんのか」とご指導を受けるのですがうまいもんはうまいんだからしょうがない。というか自分はたぶんそばが好きで富士そばに行くのではなく富士そばのそばが好きだから富士そばに行くのだ。別にそばである必要がないんだと思う。あの麺であれば問題ないはずで、明日富士そばが「富士ヌードル」と改名して、そばではなく、「ヌードル」を売り出したら、明日からは「ヌードル」ファンであります。

というわけで高円寺駅前の富士そばのコアなファンを自認している自分なんですが、ぐぐってみると杉並区の浜田山店なんかは乱切りそばというものを出していて、かなり普通の富士そばのそばとは異なるようで、実際どっちがうまいのか一度食ってみたい気がします。まー近いうちに食いに行くな。

あ、というか別にくら家がまずいとは言ってないよー。ジャンクな安物好みの自分としては完全に富士そばの味のほうが好みでした、ということです。。。

これで晩のちょい呑みのメニューにホッピーが加われば最強なんですけどね。

魅惑の富士そばちょい呑み 2017年11月14日

IMG_2938

いつでも行けるがなかなか行かない、それが富士そばのちょい呑み。こちらも先週やっと行って参りました。

天ぬき(天ぷらのそば抜き)とハイボール。これもええもんやなあ。。。ちょっと残念なのはホッピーが呑みメニューの中にないこと。まあでもしょうがないか。

IMG_9858

コロッケ抜きも。いやー、心の落ち着くそばのダシと揚げ物、そして富士そば揚げ物のこの絶妙な安物加減も頃合いでホントに心からゆるゆるになります。

IMG_1717

そしてやっぱりシメはそばで!お互いそれぞれ「肉富士」の温と冷が好きな二人のおっさんでしたが、この日は交代して食べる。僕もいつも温かい肉そばですが、珍しく冷やの肉富士。個人的にはやはり温かいやつのほうが好みでしたが。。。

いやー、でも良いです!富士そば!40になって吉野家でもなく松屋でもなく、富士そばや!

富士そばの肉富士 2017年10月29日

IMG_0862

以前もこのブログに書きましたが椎名町駅前すぐの南天で食べた肉そばが結構好きでまた食いたいなあと思っておりました。

心落ち着く日本のジャンクフード 南天肉そば 2017年09月23日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

もしくは我が心のホーム、富士そばでも肉そばがないものかと探してみたところ南天肉そばに近いメニューを発見。それが上の写真の肉富士でした。

かけそばに温玉と煮込み肉、わかめと海苔とネギを乗っけて肉富士、470円。お肉が南天のものは甘辛く煮付けたようなものでしたが、富士そばのものはもう少しおとなしめの味。

それでも温玉も乗っかってるのでそれを崩しながら食べてると十分に太い味になってなかなか悪くない満足度。個人的には結構ヒットな味です。たぶんしばらく富士そばではこればっかり食ってそうな気配です。

心落ち着く日本のジャンクフード 南天肉そば 2017年09月23日

image

東京で新しいアパートが決まるまでは以前の職場の同僚の家に居候。当然その同僚と連日の飲みとなるわけです。その中で締めで食おうと誘われたこのお店。椎名町駅前すぐの南天の肉そば。430円。

たぶんそんな上等な肉ではないはずの豚肉スライスと東京らしいどっさりの長ネギ、ちょっと天かすがかかってるのかな?これがまた味付けがそんな濃いものではなくてわりかしあっさり、かつ上品なそばに肉が入るからぐっとジャンク感が溢れて飲みの締めにはぴったり(太るけど)。やはりラーメンが重すぎる40代の胃袋にはこれぐらいのあっさりと程よいジャンク感がベストな気がします。

これはなかなかうまい。今は千川に居候してるから来れるんだけど高円寺に移ったらなかなか来れないなあ。アパートが自転車駐輪オーケーだったらここに来るためにチャリンコを買おうかな。それぐらいにはファンになりました。そして出来れば今年の年越しはここのそばが食いたい。

image