タグ: Bangkok

飲酒運転で捕まる

タイではほとんどの会社で月末が給料日になっております。先月1月は31日が日曜日ということで週末金曜日の29日が給料日となりました。そして金曜日なのでみんなが街へ繰り出して飲みに出かけることになるのですが、僕もご他聞に漏れず深夜1時まで会社の近くのシーロムでぐだぐだと飲んでおりました。

そしてモーターサイ(バイク)で帰宅。。。する直前に始めて検問で捕まってしまった。給料日・金曜日・深夜一時。気が抜けてゆるゆるのゴールデントライアングル。うっかりしてましたな。。。

止められてアルコール検査機みたいなのにぶぅーっと息を吹き込めと。。。しっかりレッドゾーンまで行ってた模様。警官は英語がわからないようなので彼女を呼んで交渉してもらったが、袖の下5000B(高え!)で決着。いや高すぎる。。。というわけでこれからは検問対策を考えんと。。。

基本的にはタイで飲酒運転で捕まって正式に警察署で処理された場合(それ以外の場合は基本的には袖の下で処理してその場で解放)、罰金と多分一日ぐらい拘束されるのかな?そしていわゆる奉仕活動を行わないといけないとのことらしい。会社勤めの身で拘束と奉仕活動はつらいので僕も袖の下対応になるわけですが、そこは法律や規則なんかがあるわけではないので主観的な判断でもって対応ということになる。だからうまくやればぐっと金額を抑えられるはずなのである。日本では信じられないような話だが、「今日捕まるのは2回目だから、もう金がないよ。許してくれよ」と言って情状酌量があったりするのがタイなんであります。とはいえ違反の内容や場所、時間によって相場がある程度決まってたりもするのですが。。。

とかく対策が必要だ。。。

近所のスーパーでがっくし。

昨日、会社で22時ぐらいまで本を読んだ後、帰宅途中にいつも食料品を買うスーパーに寄ると、なんだか建物が暗い。。。

あれ?閉まってる?ここ、23時までのはずやったのに。。。

announcement of tops

「恒例の新年パーティがあるので早仕舞いさせてもらいます」。。。要はそういうことですな。

タイの企業って節目節目で必ずこういうパーティってのを福利厚生としてやるんですが、客に宣言して早仕舞いするのもちょっとなと思いますな。しかもpostponeって意味知ってるかい?

鍋物大会

昨日は仕事が終わってから会社の近くの上司の家(徒歩30秒!)にて鍋大会。前々からおでんが食いたかったが、参加人数が5,6人になるため普通の鍋でおでんを作るだけならすぐに食い切ってしまうだろうとのことで鶏の鍋も用意して、年末年始うちの親に持ってきてもらった焼酎で酔っ払う。

まだちゃんと計算していないが、一人あたま300,400Bぐらいで収まるんじゃないでしょうか。それなりにまともなおでんが出来上がってました。こういう家呑みもいいねということでまた次回もやるでしょう。バンコクはおでん食えるところが少ないからかなり安くてええ感じでした。

そして今日はぼけーっとネット三昧。カメラを長時間露光してペンライトみたいなもので絵を描くライトアートというものがあるらしいですが、それの動画版でこれがかなり素晴らしい出来栄えです。こういうの撮るのは根気が要りそうで、ワシみたいなずぼらには成し得ない作品ですな。

暁の寺

Wat Arun4

在タイ4年目にして初めてワット・アルン、暁の寺に行ってまいりました。

今年の年末年始は両親及び妹がバンコクに遊びに来たのでその付添で行ってきましたがバンコクのランドマークみたいになってるわりには細部のデザインは中華的なものが多くてちょっと意外。

Wat Arun5 Wat Arun3 Wat Arun2 Wat Arun1

※ Detailは各写真をクリックすると見れまっせ。

Silomのバービア?

というわけで前回からかなりまた時間が経ってしまいました。
最近は、IELTSの試験を終えて、今度はTOEICの試験勉強をしておりましたが、今日テストを受けに行ったところ、携帯電話を試験会場には持ち込めないとのことで、受付で預けろというのでありますが、保管場所が受付すぐ後ろの棚に置くだけで簡単に受験者の誰でもがアクセスできる場所なんであります。

「これ、ものがなくなっても保証してくれるの?」
「え?いや、TOEICセンターのポリシー上、保証はできない」
「こんな場所に25000B(80000円ぐらい)もした携帯預けるのは非常に不安なんだけど」
「でもみんなそうしてもらってるから。。。」
「でもなくなったらどうしようもないんだよね?キャンセルして来週携帯持たずに来ようか。。」
「でも今キャンセルするとキャンセル料500Bかかるよ」
「ちょっとマネージャー呼んで」

というようなやり取りがあって結局キャンセル(キャンセル料はナシ)。来週または再来週だ。せめて預かった荷物保証しないというならロッカー用意したらいいのに。。。IELTSの時も同じようなことでもめたな。。

というわけで試験は延期になりました。。。

でも土曜日に試験がありつつ、今週は平日も結構飲んでおりました。というのも、以前から時々行っていたSilomとSalaDaengの交差点にあるくたびれた店舗の飲み屋で立ち飲みやのごとく、缶詰を持ち込みビールを飲むというソウルフルな夜をエンジョイしておりました。

View from Beer stand at SalaDeang

これは座ったところからの風景。店の中がうまく撮れなかったのでこの写真で勘弁。

north eastern style sausage

つまみはこのサイクロークイサーンと、ピーナッツしかない。それ以外は外の屋台で自己調達である。

and i opened tuna...

というわけで我々の選択は近くのスーパーで缶詰を購入。これで飲もうというわけでございます。左がペッパーとバジル炒めのツナ缶、右上がサバのテリヤキソースフレイバー、右下がレッドカレーチキン。

食ってみるとこれがやっぱりサバのテリヤキが一番うまい。他の缶詰は味が強すぎて他の食いもんの味がわからなくなるんですわ。テリヤキとは言っても感覚的にはサバ味噌煮のような味で非常に落ち着く。ああ、大阪の天満か新橋あたりで飲んでるような気がして来た。。。しないか。。。ホテイの焼き鳥も食いたいな。。。というわけでココはアルコールはビールしか置いてないので二人で4本飲んで締めて350Bだったかな?ビールは一本100Bしません!いやー、またサバ缶で飲みたい!