タグ: ビザ

インドビザ申請 at バンコク 2014年12月18日

India
“India by Peter Bihr, on Flickr”

来年1月のムンバイマラソンのためにインドビザ申請に行ってきました。行って、マラソン走って、寝て、帰る、のトンボ返りコースですが、それでもインドはビザが要る!日本人なのに!カンボジアみたい!似たような国か。。似てないか。

まあそれはいいとして2年ぶりにビザ申請しましたが久しぶりにめんどくさい手続きとなりました。今回申請したのはもちろんツーリストビザ。バンコクでインドビザを申請する日本人はまずは“india visa bangkok”とググって英語と格闘する必要があります。

まずインド大使館のVisa ServicesのGeneral Instructionsからスタートしてビザ申請用のオンラインフォームを入力しないといけない。Indian Visa Applicationへ。

General Instructions – Embassy of India,Bangkok – Thailand

Indian Visa Application

これの一番下のApply Onlineからフォームに入って必要事項を入力。この入力が結構大変です。辞書片手に格闘してください。僕の過去記事もご参考に。。

image image
↑ 写真付きのドキュメントのほう、一番下の※の付いている項目に記載が抜けていると突き返されたApplication Form。

Tourist Visa – Embassy of India,Bangkok – Thailand

そして在バンコクインド大使館のHPからTouristVisaのページ。このページ記載のNon Thai NationalsのDocument Requiredは、

・手書き用のVisa Application Form
これは結局最初のキューチケットをくれる係員がチェックした際に要らないと言われた。。。

・2″ x 2″ の顔写真2枚
この写真の規定がかなり細かいらしく、自分で用意していくよりもビザセンターの会場の後ろにある写真ブースで撮ってもらうほうが確実。隣で話をしていたタイ人女性が今までの他のドキュメントで使った写真の余りを何枚も持ちだしながら「これは使えるか?これは?」と何枚も見せていたが、すべて「マイダーイ ヵ」と返されていた。

・パスポートのコピー
写真ページを2枚、その他タイのビザのスタンプが押されているところ。僕は最初のタイのビザのスタンプ、最後のビザ延長した際のスタンプ、一番最後の入国の際のスタンプをコピーして持っていった。それで問題なかった模様。

・ホテルの予約票
Agodaで予約した予約表をプリントアウト

・エアチケット
オンラインで予約したチケットのeチケットをプリントアウト

・オンラインで登録した申請フォームのプリントアウト

これらを持って行きました。

インドビザセンター。朝9時に行ったけど長蛇の列。とりあえず並んで待ってたら申請のキューチケットを貰う前に係員がドキュメントチェック。オンライン入力したドキュメントをことさら細かくチェックしていて

「出国予定の空港の記載が抜けている」

と文句を言われ、

「じゃあ今書くよ」

というと

「ダメ、コンピュータでフォームから入力しなおし」
「え?じゃあオフィスに戻ってやらないといけないの?」
「ここのオフィスの後ろのほうで再入力の係員が居るからそいつらがやってくれる」

ということでビザセンターで入力の修正もしてくれます。ただし有料。

image

僕の場合持って来ていない写真撮影に205THB、フォームの入力しなおしで175THBの380THB。ブラウザ開いてフォームに入力してプリントアウトするだけの仕事で175THB、約500円ちょい。結構ええ仕事ですな。どれだけ完璧に入力して持って来てもなんやかんや必ずいちゃもんつけられて修正させられたりして。。。

そして新しくプリントアウトしてくれたオンライン入力フォームと写真を持って再度同じ係員にチェックしてもらうと

「おい、滞在先ホテルの住所が抜けてる」
「え?また?!?」
「手で書け」

ここは手書きでいいのか。。。この区別がようわかりません。。しかもドキュメント手書きする時はタイでは一般的によく使われている青色ボールペンは不可だと言われるのでインドビザセンターに行く人は必ず黒色ボールペンを持っていくように。

そしてキューチケットを貰って順番を待つ。程なくして順番が来てドキュメント提出。特に問題なし。ビザ申請費は1140THB。これと先ほどの380THBでトータル1520THBもかかってるなあ。2年前のビザ申請がビザ申請490THBと写真250THBのトータル740THBとこの倍近い費用の開きは何??なんか値段設定怪しいんだけど。。

image

とりあえずNon-Thai Nationalはビザ交付まで6−8日を要するとのことで12月30日ぐらいになる見込みとのこと。SMSでビザが下りたら連絡が来るのでビザセンターに出向いて受け取る。年末ギリギリまでパスポートを預けることになる。

というわけで手間は多いものの、だらだら待たされたりたらい回しにされたりなんてことはなく、イラつくようなことはなかったビザ申請でした。

地球の歩き方 D28 インド 2014-2015
ダイヤモンド社 (2014-08-04)
売り上げランキング: 11,902
Lonely Planet India (Travel Guide)
Lonely Planet (2013-09-01)

今年もまたDV-2016 Programが始まっております 2014年10月10日

Men in Blue
“Men in Blue by Peter Lee, on Flickr”

毎年応募しているアメリカの抽選式グリーンカード当選プログラムのDV-2016の季節がやってまいりました。去年に実施されていたのはDV-2015。今年はDV-2016。これは2014年に抽選の応募を行い、2015年の春に抽選結果があきらかになり、そこから具体的にグリーンカードの取得手続きに入り、実際にアメリカ永住権を得れるのが2016年になることから来る。ちなみにDVはDiversity Visa ダイバーシティヴィザ、多様性ヴィザとでも言えばいいんだろうか?Domestic Violenceではございません。元々移民の国だったアメリカが抽選式である程度バランスを取りつつも平等にくじ引きで移民として永住権を得れるプログラムを実施している。

最近はいろいろ近代史の裏事情的な本を読んだり、毛沢東の本を読んだりしてるうち政治という世界で活躍している人たちは非常に怖い人達ばかりで、アメリカという国自体にもかなり疑問が出てきている今日このごろではありますが、それでも一応DV Lotteryには申し込みます。ま、アメリカがどうのこうのというよりいわゆる世界の覇権国が古今東西でやってきたことの業の深さというものをいろいろ考えてしまうのであります。

とはいえ、うちの親父が一度はハーレーに乗ってみたい、アメリカンポリス仕様のハーレーが憧れだ!というのと同じく、僕の場合はやっぱり80年代アメリカのあのキラキラした雰囲気がまさに憧れだったんであります。80年代バブルの日本の雰囲気にはまったく共感は抱かなかったがアメリカのあの華々しい感じはテレビやスクリーンの向こうのまだ見ぬ明るい未来でしたなあ。40歳をもうすぐ迎えるこの時期に医療費がバカ高いアメリカに好き好んで出向いて行くのも狂気じみているかもしれないけど、まあそういうことは後から考えましょう。

このブログにも以前から何回も書いてますね。

Diversity Visa Program
アメリカビザ抽選のエントリー写真作成 2012年10月21日
目を瞑る証明写真 2013年10月11日

応募要項は今年も変わらず。あのめんどくさい600×600ピクセルの証明写真を用意しないといけないです。また明日会社に行ったら同僚にでもiPhoneで仕事着姿を撮ってもらおう。。。

CambodiaのE-Visa 2014年07月15日

0006
“0006 by Mark Bellingham, on Flickr”
↑ こちらはオフラインで取得するVISA。シールタイプ。

8月17日のカンボジア、シェムリアップで行われるAngkor Empire Marathonに出ることを決めた。出場料が65USDと結構高額なんだが、とりあえずアンコールワットの遺跡群の合間を縫って走るマラソンを体験できるんだから、まあいいだろうと思った。

Angkor Empire Half and Full Marathon

最近また週に2,3回は1回10kmのランニングをこなしている。10kmを54分というタイムも出てきて以前(10kmを50分切るか切らないか)の足の状態にだんだんと近づいてきているものの、まだ十分に慣らしができていないだろうからとりあえずハーフの21kmを走ることにした。

そうなると、航空券、ホテル、タイのリエントリパーミット、などのいろいろ手続きが必要。そして東南アジアでは珍しくカンボジアはまだ入国にビザが必要。陸路国境でも空港でもアライバルビザが取れるという話は聞いていたが、ネットを検索しているとなんとカンボジアの観光ビザはE-Visaが取れるという。あの赤土だらけのデコボコ道路しかイメージのないカンボジアがE-Visa!ちゃんとデジタル化の波には乗ろうとしてるのね。こんな言い方も失礼か??

前回カンボジア行ったのは2007年だったかな?すでに7年の年月が経過しているので街は大きく変わってるだろう。それを見るのもまた楽しみ。なのでE-Visaもいつから取得できるようになったのかはよくわからんが、カンボジアの割にすごい利便性いいじゃない、と思ってしまった。

ものは試しなんで、E-Visaを申請してみた。


Kingdom of Cambodia – Ministry of Foreign Affairs & International Cooperation
画像で解説!e-Visa(カンボジアビザ)申請方法|KaycomDESIGN

具体的な申請方法は上のリンクにもありますが、まあほとんど滞りなく終わると思いますが、申請料金の支払いが、古い解説サイトでは25USDと書いてあって、今は時間経ってて申請サイトでは20USD+7USD(Processing Charge)と書かれていて値上げされてる。ああ、値上げしてるのね、と思って決済サイトにTransferされるとChargeが30USDになってたりして+3USD分は何?と思いつつもめんどくさいのでもうPayment済ましてしまう。

Cambodia E-Visa

木曜日の晩に申請しておいて月曜日の朝にE-Visaがメールで届きました。まあ、滞りなく終了。ただし、改めて周りの人に聞いてみたらカンボジアのビザってアライバルで20USDぐらいで取れるみたいですな。わざわざ10USD余分に払ってオンラインで済ます意味もないなあ。

まあ、空港到着後、混雑するVisa発行カウンターに並ばずすぐにImmigrationカウンターに直行できて多少の時短ができる、ということぐらいっすかね。確かにカンボジアのビザは手続きすぐだったような気もするので事前に取る必要もないのかも。

インドビザ前準備 2012年07月26日

Visado de India

突然決まった日本一時帰国とは異なり、前々から予定していたインド行き3泊4日。先週の土曜日にスアンプルーのイミグレーションに行って再度リエントリパーミットを取得した。後はインドビザのみ。航空券はAirAsiaで旅行代理店経由などではなく自分で取得したため、そのままインドビザも自分で取得する流れで。バンコクで取得するインドビザ、参考にしたのは以下のサイトなど。

バンコクでインドビザ取得! 世界のどこかで会いましょう♪ 

ナオとヒロのふらふら海外生活日記 バンコクで取るインドビザについて。

バンコク生活日記

とりあえず、Online Indian Visa Formのサイトの一番下の”Online Visa Application Registration”をクリックして表示されるフォームにいろいろと入力。これがまた結構な量を30分以内に入力完了しないといけないらしく、しかもわかりにくい英語などがありちょっと悪戦苦闘する。以下にややこしい項目を挙げておきます。

Citizenship / National ID No.
これはNAでいいかと。

Visible identification marks
これ、身体的特徴とのこと。「左脇腹の手術跡」とか。なんの役に立つんだろう?IDなどを盗まれ、殺された時の手がかりとして?縁起でもねえなあ。

Nationality by Birth/Naturalization
これは現在の国籍が実際に自分が生まれた国なのか帰化して取得したものなのかを明記しなさいというもの。殆どの日本人はby Birthでいいと思われ。

Present Address / Permanent Address
これはPresentはタイの住所、Permanentは日本の住所を記入すればいいんじゃないでしょうか。

その他、両親の名前、国籍の記入欄があったり(カースト制の場合名前で階級が分かる??!)、祖父母の代はパキスタン国籍もしくはパキスタン領の出身か?などの質問項目があったりするのが独特で面白かった。

こちらを全部入力した後にPDFなどでDLできるのでプリントアウト。写真2枚を用意。事前にインド大使館のHPで3.5cm x 3.5cmの写真2枚と書いてあったのでこれを用意。さらにパスポートの写真のページのコピーを2枚、ワークパーミットの全ページのコピーを用意。これのすべてにパスポートと同じサインをしておく。後は念のため事前に予約しているなら最初の一泊目の宿の予約のメールなどもプリントアウトして持って行くと万全なんだろうな。

これでとりあえず来週インドビザサービスセンターへ実際に提出に行ってきます。

※ 2012/07/30 Updated!
30日にインドビザサービスセンターへ出向いて申請して来ました。結局写真は手持ちの3.5cm x 3.5cmではダメだと言われ、サービスセンター内で写真を取り直し。6枚で250THB。実際に必要なのは2inch x 2inchとのこと。余った5枚は確実に使い道がないな。。。

さらに下の写真にあるReferenceという書類は黒ボールペンで記入が必要とのこと。僕の場合は3年以上タイで働いているのでワークパーミットのコピーを提出する代わりにこちらの書類は提出不要となりましたが、ちょっと注意が必要。結局、宿の予約の証明や航空券も最初に入り口の係の人に見せたが申請の際には全く不要でした。

あと、3ヶ月シングルのツーリストビザを申請していたが、なぜか適用は6ヶ月のダブルになると言われた。申請費用が490THBと安かったのでまあそれでもいいかということで6ヶ月ダブルを取ることに。今回申請に行って使ったお金は250THBの写真代とビザ申請の490THB。トータル740THBということになります。