タグ: タイ料理

学芸大学前のタイ料理屋 ソンクラン 2018年02月24日

IMG_8484

先の友川さんのライブの後にいっぱい行くかと、学芸大学の前をウロウロしていたが、チェーン店の居酒屋以外に店がなく、絶望していたところ目に飛び込んできたタイ料理屋さん。

お店の中では気さくなお兄ちゃん2人で回していて、結構色々と喋ってたな。
料理もなかなか本格的なタイの味で満足。ソムタムは「唐辛子もうドサっと入れてしまってください」「辛いですよー」「まー大丈夫です」と言っていたが、食ってる時はなんともなかったが、次の日に出口で辛さ炸裂してました。

久しぶりに痔が悪化して大量出血しました。。。ボラギノール買ってケアしてたら今んところ治りましたが、まー日本でまた痔が悪化したら迷いなく手術かな。

話それましたが、学芸大学前のソンクラン、おすすめ。

冷凍ガパオの葉でガパオジェー(ベジガパオ)を作る 2018年02月17日

IMG_2525

またまた購入しておいたソイミートと新宿での爆音上映の後ブラブラして再訪したアジアンスーパーマーケットで買った冷凍ガパオ(食ってみたら全然ガパオじゃないなんか別のハーブでがっくりだったが)とともに料理してベジタリアンガパオを自炊。

バンコクだったらベジのガパオだと椎茸ダシの醤油をメインにして味付けするが、手元にそんなものなかったのでとりあえずソイミートのミンチタイプのものに干し椎茸のみじん切りを入れてあとは醤油で味付けする。

ソイミート以外の野菜も冷蔵庫みてほとんどなかったが、ナスを発見。小さく切って投入。ナスは油と相性がいいし若干油多めで作れば適度に吸い取ってくれる。

冷凍ガパオを入れたものが上の写真。

見た目はなかなかのガパオ。味はちょっと物足りないが、ガパオぽくはなった。まあまだ冷凍庫にガパオが残ってるので次回また欠点を埋めてバージョンアップしたガパオを、という備忘録。

新宿のタイスキレストラン MK に行ってまいりました 2018年02月06日

IMG_7770
↑MKレストラン新宿店。新宿三丁目のあたりかな。

さてさて、バンコクから東京に戻って行ってみたかった場所、それがタイスキのMKでございます。知り合い総勢5人で食ってきました。

IMG_9869 2
↑ネギやら青唐やら、パクチーやら。やっぱりちょっとバンコクで出てくる感じとちょっと違うね。

IMG_8494
↑おなじみのMKのタイスキのタレはこんな小さなボトルに。そしてアク取りなんてあったりする。タイの人はアク取りなんてやらないからなあ。

IMG_7120
↑おなじみのお皿も出てきます。でも練り物とかはバンコクのものとは違ってました。キクラゲが巨大で食いごたえがあったなあ。

IMG_0039
↑鍋も二色で二つの味が楽しめるようになっていた。奥がスタンダードMKスープで手前は確か味噌味だったかと。

IMG_8328
↑煮えてきましたよー。でもやっぱりあのルークチンだらけになるバンコクのMKの見た目とは異なるねえ。

IMG_1274 2
↑僕は手をつけませんでしたが、お肉もどかっと。

IMG_6450
↑シメは雑炊も。あまりに自然な流れで雑炊食って後から卵食ってしまったことに気づいた。。。

こんな感じで満腹しておりましたが、最終的にどうだったかというと、「めちゃくちゃ美味い!」です。はっきり言ってタイのMKでタイスキ食うよりも美味いんじゃなかろうかというぐらいにうまかった。具やらタレやら薬味やら微妙に日本人の好みに合わせてるのかもしれないね。適当な居酒屋で適当に作った鍋食ってるよりかは数段美味いのでオススメ。

これはまた行きます。

そしてタイカレーの老舗 メーヤウへ行く 2017年09月24日

image

ムルギーに行ったらやはり個人的にはメーヤウの激辛タイカレーも食いたい。同じカレーと呼ばれはするが結構ジャンルの違うカレーだと思うがなぜか自分の中ではムルギーとメーヤウが結びついている。

こちらも久しぶりの再会 渋谷のムルギーカレー 2017年09月20日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

だが残念なことに以前に行ったことのある早稲田のムルギーはどうも閉店しているよう。なので四谷三丁目の駅から信濃町のメーヤウに向かうことにしました。

お店は早稲田店の時と同じようなビルの地下。この雰囲気が懐かしい。

image

どどーん。タイグリーンカレー。780円。よくよく考えてみたらメーヤウのカレーはタイに足を踏み入れる前にしか食べたことがない。11年のタイ生活の後にどう感じるか??

「あ、これうまいわ。これもまたタイと同じカレー。」という印象。すごい現地のゲーンキャオワーンと同じ香り、味です。個人的には塩気が足らなかったので大量にナンプラー入れましたが、辛さもなかなか本格的、というかタイでもゲーンキャオワーンで気合入れて辛いところも少ないし。

シンプルにカレーとご飯だけですが、がっつり食ってきました(タイのぶっかけ飯の場合、ご飯の上にゲーンキャオワーンとさらにおかずのっけたりするからちょっとさびしいといえばさびしい)。

うーん、メーヤウもまたリピートですな。

池袋のタイ料理屋クンヤー 2017年09月19日

image

さて、東京に移動してきてます。

重い重い30kgスーツケースを引きながらやってきた日の東京最初の晩飯は。。

バンコクの時の同僚と一緒に池袋のタイ飯屋に。

image

この池袋にあるタイ料理屋クンヤーというお店ですが、今まで日本で食べたタイ飯の中では1番美味かった。自分も同僚もタイで少なくとも数年は住んでた人間だからタイ飯の味はよくわかってますが、日本で食べるタイ飯はなんだかイマイチパンチがなかったり、「こんな味だったっけ???」と思うようなのが多い中、クンヤーの飯は現地のモノとほとんど変わらない。二人でこれは素晴らしいとしきりにつぶやいておりました。

image
↑ ラープのレバー版タップワーン。実にいい味。これとビールが最高ですな。

image
↑ ソムタムタイ。これもバンコクで食うソムタムと変わらん。素晴らしい。

image
↑ まあ、これはタイ料理というか中華というか。普通においしいです。

お値段は「日本で食うタイ料理は高い」という価格帯よりもさらにもうちょっと高いぐらいの値段設定ですが、食う価値あり。

image
↑ クイティアオで1,000円って萎える価格なんだけど、ま、しょうがない。

image
↑ ちなみにすぐ近くにこれが。