虎バター

久しぶりにちびくろサンボの文章をじっくり読んでみる。

仕事が忙しいのに、昼日中にちびくろサンボの物語をじっくりと読んでみた。

探検コム:不朽の名作「ちびくろサンボ」全文公開!

大人になって読んでもやっぱりわからない。このアドレスを会社で回してみんなに読んでもらいましたが誰も理解できませんでした。ちびくろサンボの極彩色のファッション、これもP-Funkやディスコを考えれば「ちびくろサンボにお似合いです」も納得できるか、、。いや、その感覚を1899年に持っていたというのもおかしい気がするな、、。

虎のバター。虎のバターはサイケ味ですな。サンボの食う数も中途半端やね。誰かこれの真意をご存知の方いないでしょうか???

ちなみにこの探検コム、http://www.tanken.com にアクセスしてみてください。それはそれはコクのあるサイトです。

Internet Radio kills…..

今日もバリバリ仕事中な訳ですが、
基本的には黙々と資料作りなので音楽でも聴きながら、、
ということになります。ほんでネットラジオなんですが、
CLUB977
この辺の音楽で脳みそを揉みながらやってます。
エレキドラムの音がたまらん気持ちいいですな。

シンボル

東京に来てから、しばらくこのマークを見てないですな。
manman.jpg
大阪では小さい頃からこのマークが街の至る所に書かれていたと思うが、東京では
ほとんど見てない。???東京ではこのマークは誰も知らんのかと思って、会社で
ミスプリントの裏紙に大きくこのマークを書いてみたら皆気づいて
「中学生やないねんから、、、、」
と暖かい言葉をかけてくれた。知ってるやん。しかし、街にはまったく書かれていない。
大阪では高架下とか公衆便所とかに山ほど書かれていたのに、、、。ちなみに僕の
小学校六年生の時に図画工作の時間に書いた絵にも誰かのいたずらでこのマークが
書かれていた。自分ではどうでもよかったが、先生に見つかり「こんなことしたのは誰
ですか!」調子でホームルームに突入。不毛な話し合いが延々、、。多分自分だけでは
ないと思うがこのマークには少年時代の思い出がいっぱい詰まっているように思う。
今の子供たちもノートの隅っこにこのマークを書いたりしてるのだろうか?

コメントスパム

最近、コメントスパムが増えてきた。
ちゅうわけでコメントの文章中に日本語が入っていなければ
書き込みエラーを表示させるようスクリプトを変更する予定。
コメントされる方は日本語を使ってくださいね。
以上、よろしくお願い致します。

Show with the Ramones

徹夜明け、会社から移動で赤坂の一ツ木通りをのしのし歩いて行く。
一時間ほどのちょい寝の後のぼんやりとソフトフォーカスがかかったような
景色の中で久々にRamonesを聞く。
Ramonesは中学の時から知っていて、「Ramones Mania」という大味な
ベスト版を持っていた。個人的にはRamonesやT-Rexみたいな「金太郎飴
バンド」に関してはこういう大量に曲の入ったベスト版一枚で十分かなと
思ってます、、、。
この中でも特に
Do you remember Rock’nRoll Radio? と Pet Sematary(Amazonとかでアルバム
検索したらPet Semataryは入っていない、、、?)が特によろしい。
Do you remember〜はアメリカらしいアップ祭りIQ=0系のロックンロールチューン
と言うんですか?単純なフレーズばっかでとにかくボリュームは最大で聞く。
PetSemataryはスティーブン・キングの映画のサントラですな。これもまた聞きやすい
曲なんですが、UKのバンドが作ったようなメロデイが沁みます。
Ramonesを聞きながら六本木の裏道を歩いていたらアメリカ大使館宿舎脇で
iPod聞きながら散歩してる外人(多分米人)のサラリーマンとすれ違う。
目がちらっと合ったので自然にお互い挨拶したりするのである。
ふと、こんなことしてる感じが東京以前に思い描いていた東京の
イメージだったような気がして、
「ちょっと、ワシって都会派や〜ん?」
みたいに思ったりしたりなんかするわけですが、
冷静に考えると糞みたいにしょうもないことですわな。
うーん、こんなことでは納得せえへんぞ。しないぞ!