キル・朝日

4月の29日は高円寺北中通り祭があったので昼から行ってきました。
20050429(005).jpg
この通りの盛況ぶりでバーボンハウスのマスターが大成功を噛み締め、始終
にやにやしてはりました。
まあこのお祭り、メインは商店街の通りにいっぱいに広がるフリーマーケットが
メインのようでしたが、ワイのメインは異なり、「北中通り祭、潰れたレコ屋で
ライブ」であります。昼の14時ぐらいから会場前を陣取ってビール片手に
高円寺在住の方々が繰り広げる土着的なライブを眺めておりました。
20050429(001).jpg
この会場も潰れた感および何もお金かけてないぞんざい感が満々でありまして
まるでビデオ安売り王の「バーリトゥード in 商店街」や「一軒家プロレス」に
似た臭いがしました。しかも通りから丸見えの状態なので高円寺のバンやろ系の
兄ちゃんからまるきり状況を理解していない向かいの不動産屋のおっさんまで
ひとだかりがいっぱいできるところも「バーリトゥード〜」っぽいですな。
そんな中、ワイの期待の3バンドの演奏が始まる。
・Disco20000
・南部式(ダムダム団・団長)
・スマイル兄弟(ミサイル兄弟)
の3バンド。高円寺を煮染めたような濃さのバンドが続く訳であります。
Disco20000、南部式もいつもと変わらずの全開ぶりで満足した後のスマイル
兄弟が久々になんとも素晴らしかった。時は既に18:30をまわり、あたりが
夕闇に落ちる直前の柔らかい薄暗さに包まながらライブは進む。
「飲み明けの朝5、6時に中通りを出勤で忙しそうにしているサラリーマンと
 すれ違いながら駅とは反対の方向に朝日を見ながら帰って行く、そんな時に
 書いた曲です。”キル・朝日”!」
20050429(012).jpg
やっぱミサイル兄弟は高円寺の演歌だ。
すべて満点の一日でした。

いくつかまとめて

またまた、とんかつのうえはらに行ってきたぜ。いついってもやっぱり
男ばっかりだぜ!
20050427(003).jpg
そして、それとは関係もございませんが、なんとカップラーメンで「ラーメンライス」が発売。
野暮天食研究家としては食わんわけにはイカンので頂きました。
20050428.jpg
味はやっぱりうまくもまずくもなんともない。しかもあまり腹は膨れないぞ!
やっぱラーメンライスはスープがどろどろになるぐらいまでごはんが入ってないと。
そしてそして、ちょっと前にニュースで流れていた「ちびくろさんぼ」の復刊。
知り合いが何の必要があるのかさっぱりわからないが、わざわざ購入していた。
実物を見せてくれたのでパチリ。絵本って原色ばっかですね。
20050428(002).jpg

デンジャラス!

またまた大阪出張。
こういう時に限って尼崎の脱輪事故のような大事件が起こる。
仕事で移動中、駅の売店にあるスポーツ新聞各紙を見てみると
「死者50人!」
「車内は地獄絵図」
というように脱輪事故を一面カラーで取り扱っている中、相も変わらず
大スポだけが
「三沢 vs 川田」
と一面をプロレス記事で埋めていた。

タロー愛

高円寺から青梅街道へ向かう高南通りにタロー軒というラーメン屋がありまして、小汚い、吹きっさらしの立ち食いラーメンであります。24時間営業なんでとにかく朝日が登るぐらいまで呑んでた時にはお世話になる事が多い訳です。

うちの家の裏がすぐタロー軒なんでちょこちょこと食いに行ったりする。この前酔っぱらってラーメン食ってたらとなりのタクの運ちゃんが

「ラーメン、脂抜きで!」

と威勢良く注文してたのを見習って今日は脂抜きで食ってみたが、これがうまい。とはいえいつものごとくめちゃくちゃうまいわけではない。うまいが、他の店ではもっとうまいところもあるだろう。しかし、アルコールの波に揺られてる際にするすると入り、後であげてももったいなくもなんとも思わないで済むような気軽さがあるのであります。

「ああ、これ食うとなんかあげそうな気がするなあ」

と思いつつもタロー軒に向かう。当然帰り道の道ばたで、もしくは帰宅後の便所で、食されたラーメンは形を変えて再び世に姿を現す事になってもまた、タロー軒でラーメンを食らう。自分の中でも不毛な活動だなあと思ったりはしてるんですが、なんともとまらない春なのであります。

と書いてて馬鹿らしくなってきたんで寝ます。

業務連絡

GWの予定〜
関係各位、以下のようなスケジュールに
なっておりますので遊んでください。
4/29-5/1 高円寺でぼんやり
5/2 出勤、でぼんやり
5/3-5/7 大阪でぼんやり
5/8 高円寺でぼんやり
以上、よろしくお願いいたします。