Sleipnir開発停止

Sleipnirの作者の自宅が盗難(空き巣?)に会い、ソースコード盗難(PC盗難)ということで開発を
継続する事が不可能とのことです。データバックアップを取っていたPCも盗まれ、しかも
銀行預金まで引き落とされて踏んだり蹴ったり状態のようです。いや、ホントに気の毒です。
自分の周りを見渡しても一番使用率の高いタブブラウザなのでなんとも残念なことで
ございますが、こういう事件で開発終了というのも初めてのパターンでないでしょうか。
しかも今はもうSleipnirの公式サイトにもつながらなくなってる、、、。
ひげおやじの秘密小屋:該当記事

到着

スチュワーデス物語、前編・後編とも今日のうちにamazonから到着。
全22話である。とりあえず今2話分を見終えたが、全部見るまでにはかなり
時間かかりそうですな。
しかし、第1話から唐突な展開が目白押しですわ。
スチュワーデスの制服を初めて受け取り、その感想を聞かれて
「先生好きですっ!」
と唐突な告白と画面右下には「次回をお楽しみに」。
このドラマを見てる時の微妙な不安感と期待感が入れ混じったような感覚は
何かに似ている、、、とよくよく考えてみたら、「野望の王国」を読んだときの
感覚と一緒でした。

Lodger

昨日はプログレにて、マスターの購入したミキサーを見せてもらっていた。
客が少なかったので、「やりますか?」と言われてDavid BowieのCDしか
手持ちがなかったがとりあえず何曲かかけてみることに。
とにもかくにもDavid Bowieしかかけれないので、大体メインに持ってくる曲は
Low, Heroes, Young Americans からが中心になるのですが、やってみると、
ミキサーのサンプラーやエフェクトの効果もあると思いますが、以外とDavid Bowie
だけでも面白い展開をつけれるもんだと思いました。まあ、同じ人の作曲やから
どうつないでも親和性がいいよと言われればそれまでかもしれませんが、、、。
となれば逆にずっとDavid Bowieばかりでもそうそう飽きないのはアルバム
ごとに曲調をガラリと変えてるDavid Bowieならではということになるのでしょうか。
でも一人のアーティストだけの音源でつないでみるというのも以外と楽しいもんですよ。
set1.jpg

ついにその時が来た

ついにその時が来た。スチュワーデス物語全編がDVDになる。
前衛かつサイケデリックな魅力を放つテレビドラマ、「スチュワーデス物語」である。
前編、後編、合わせて8枚もの、定価19950円x2。amazonでも15960円x2
というええ値段してますが、予約してしまった、、。
でもあの見たくて見たくてしょうがなかったスチュワーデス物語がやっと見れる。
なかなか懐具合が厳しいものだが、30000円の価値はあると判断しましたぞ。
TSUTAYAでのスチュワーデス物語予約ページ

ワンコインインドカレー

今日は、無性にインドカレーが食いたくなって店に食いに行った。

大体インドカレーだと、よく食うのが新宿コマ劇の裏のカレースタンド(インド人がやってて24時間営業。あまり濃くなくて歌舞伎町で飲んだ後に食っても全然もたれない)ですが、新宿まで行くのもめんどくさいので近場で。新高円寺に一つBabu’sというインド料理屋があるようで勇んで行ってみるも休み。しょうがないので、高円寺の南口近くのサプラという店に。

高円寺はインド料理屋も多いので結構競争が激しいみたいで、低価格化が進んでおります。サプラの入り口にはランチ700円からのメニューがありましたが、今日行ってみるとなんと500円のランチが登場してるではないですか!!これなら毎日でも食える値段設定ですな。カレーの味はぼちぼちでしたが、ナンが結構分厚くて満腹感がありました。500円なら全然ええ感じではないでしょうか。ほっこりしながら家に帰りました。

インド料理サプラ:この辺