またまたバンコクのベジレストランに。May Veggie Home 2017年04月29日

image

またどこかバンコク市内で行ったことのないベジ系レストランがないものかと調べてみたら灯台下暗しで、アソークの交差点近くにベジレストランがあるのを発見。

その名はMay Veggie Home。検索してみるとしっかりしたウェブページもあった。

Home | May Veggie Home

そして場所はこちら。

住所がスクンビットソイ16ってなってるのでアソークの通りのExchange Tower側のソイに行ってしまいがちですが、実際はアソークの通り沿い、通りの西側にあります。May Veggie Homeのウェブページには細かく行き方が書いてありますな。

Location | May Veggie Home

で、事前にスマホでいろいろとメニューを見ていたら、その内容は菜食のタイ料理だけにとどまらず、パスタやらハンバーガーやらあるうえになんとベジカレーライス、さらにはベジカツカレーまであった。これを見た途端にカツカレー食いたくなって、もう食うもの確定。

image

店内〜。広い。ベジのお店ってよほどのことがない限り混んでないのがいいですな。

image

椎茸&春雨揚げ春巻き。まあこの辺は無難においしいところ。さて、カレーまだかなー。

image

どーん!かなーりでかい。ご飯は白米と玄米を選択可。当然玄米選択。一応カツカレーとはいえベジのお店なんで当然ながらご飯の上のカツはフェイクです。たぶんグルテンミートかな?このフェイクミート、ちゃんと鳥の胸肉みたいに繊維状になっていてかなり食べごたえあり、肉感が強くて腹にたまる。さらにはカレー自体が量が多い。カレーのお味自体はココナッツミルクの甘さを使った甘み強い系カレー。日本のこってりスパイシーカレーとはちょっと違う感じであります。で、甘みがある分、量が多いとちょっと食うのが辛くなってくる。。。

ちょっと辛かったがなんとか完食。カレーはちょっと思ってたのと違う味でしたが、ひとつひとつの素材や味の作り方は気に入ったので数回は来て他のバーガーとかパスタ、タイ料理系も試してみたいと思いまする。

ムンバイ紀行 その4 〜 Civil Restaurant 2015年01月21日

Civil Restaurant - Mumbai

前回からムンバイ紀行としてまとめております。第4回。

さて、今回は二泊三日で中日にマラソンを走ってほとんどムンバイを観光する時間や歩きまわる時間はなく、宿から半径500m以内しか歩いてないんじゃないか?と感じる程。実際にはインド門あたりまで行ったり、自分の足でムンバイ市内42.195kmも走って街の景色を堪能してるんだけどね。

先に書いたNew Bengal Hotelの2軒横に上の写真のCivil Restaurantというレストランというよりかは食堂と言った風情のメシ屋があった。あまり外を歩き回る時間がないので近くにこういう入りやすいメシ屋があるのはとても好都合だった。しかしCivil Restaurantというネーミングも凄いな。「一般市民のレストラン」?もしくは「礼儀正しいレストラン」みたいな意味なんだろうか?

inside of Civil Restaurant @ Mumbai

ここもNew Bengal Hotelと一緒で古びているが掃除は行き届いていて清潔。従業員もテキパキ動く。もうとにかくメシはほとんどここで食った。

Veg. Thali in Civil Restaurant @ Mumbai

Veg. Thali in Civil Restaurant @ Mumbai 2
↑ ベジターリー、150INR。量が多い。。。

Dal Masara with Chapati @ Civil Restaurant @ Mumbai
↑ マラソン後の疲れた体にご褒美。ダールとチャパティ。

Tissues
↑ ティッシュ。手で食う文化だからティッシュは皆大量消費?

Paneer Butter Masara with Chapati @ Civil Restaurant @ Mumbai
↑ パニール(インド式フレッシュチーズ)バターマサラとチャパティ。

Chai @ Civil Restaurant @ Mumbai
↑ チャイ。確か15INR。

Chana Masara with Rice @ Civil Restaurant @ Mumbai
↑ チャナマサラとライス。

食事はターリーも150INRぐらいだし、カレー1品とチャパティ、ラッシーとかのドリンク付けてもだいたい150INRぐらいでちょっと高いめかもしれないがどれを食っても非常においしいお店でした。この界隈ガイドブックに載ってるクロウフォードマーケットという生鮮品の市場があるが、地味だし外国人をあまり見かけなかった。まして日本人なんて今回マラソンで2人見かけたぐらいでほとんど顔を合わせることはなかった。だから珍しいのかわからんが店の親父が行く度に目を合わせてニッコリ微笑んでたり、「旨かったか?」と聞いてきたりと愛想もよくいいお店でした。ちなみに店内はほぼ99%がインド人で白人すら店内では見かけたことなかったです。

というわけで旅の醍醐味、食事もいいお店があったのでよかった。

はじめてのインド料理―HEALTHY WAY TO INDIAN COOKING
ミラ・メータ
文化出版局
売り上げランキング: 32,036

↑ 日本に住んでいた時はこの本見ながらよくインド料理を自炊してました。。