10分6000円

金曜日の朝目が覚めると首に激痛が。寝返りも打てず、ベッドから起き上がるのも一苦労。2日前に彼女がべろんべろんに泥酔し、それをおぶったり、抱えたりしてアパートまで連れて帰って以降首が筋を違えたようにしくしくと痛んでいたんですが、ここにきて激痛に。

というわけで金曜日は休んで病院に行くことに。医者への症状の説明がめんどくさいのでひさしぶりに日本語の通じる「高級総合病院 バンコクホスピタル」へ。ここの病院はバンコクでもトップクラスの病院で、医療行為にとどまらないサービスがてんこ盛り。まず一階のエントランスに入るとタイシルクを身にまとった女性が民俗音楽みたいなものを生演奏。その横にはスターバックス、日本料理レストラン、ピザスタンドなど。いっぱしのホテルみたいな雰囲気でごわす。受付は日本語専門受付以外にも、アラビア語専門受付もありました。とりあえず日本語専門受付で「首から肩にかけて非常に痛い」とだけ伝えて順番を待つ。そしてタイ人のスタッフについて整形の部門のところに連れて行かれ、診断を受けます。その際もタイ人の先生に日本語バリバリの通訳がついてくれる。普通に「2日前に彼女をおぶったりした後からしくしく痛みはじめて今朝は起き上がれないぐらいに痛んでるです。。。」と説明。先生からいろいろ触診されて、結局筋肉の炎症だということでいくつか薬を出しておきます、と言われて終了。診察はわずか10分。

さてお会計!出た!2039B!日本円にして約6000円。会社の医療保険があるので1500Bは保険が利いて不足分の539Bの支払い。高え!内訳を見ると薬代が3種類で800Bとのことだが、わずか10分程度の診察で約700Bとはええお値段です。。。とはいえ、薬の効きがよく、首、肩の張りがすぐに緩やかになった。サバイサバイだ。でも薬が切れるとまた耐え切れんような激痛が。。。だいじょぶなのか???

空港封鎖

いそぴー、来泰が一週間遅れたらエライ目に会うところでしたな。
現在スワンナプーム空港が閉鎖されてタイからの出発便がすべてキャンセル
されてまっせ。非常に情勢がチリチリしてきました。すでに所々で発砲、爆発は
起こってるし。。。大衝突の予感が。。。
今回非常事態宣言が発令されれば本格的に荒れそうな気がしますぜ。