frank.co.th で契約したバイクの保険だけど 2020年08月08日

Insurance

バンコクですでにバイクに乗り始めて12年が経っているけど、加齢もあるし、とりあえず任意の保険も入っとこうと保険に入った途端に事故をしたのはなんとも皮肉なものであります。

で、この保険会社ですが、frank.co.thというサイトの英語表記がわかりやすいのでそこから契約したが、たぶんfrankという会社自体は単純に営業代理店で販売しかしてないのかな。実際に支払い後に送られてくる契約書に書かれている保険屋はTHAI SRIという会社。そして事故したときに保険屋に来てもらい、現場検証してもらってからクレームのドキュメント作ってもらわないといけないのだが、そこに来たのもV-CLAIMという別会社の人間。たぶん、クレームの際の現場検証も外注してるのだろう。そしてこのV-CLAIMの担当の兄ちゃんが、

1 まず現場に来るまでが遅い(1時間ちょい超え)
2 到着してからの処理が遅い(1時間ちょい超え)
3 英語がまったく通じない(いろんな誤解もありつつなんとかつたないタイ語(自分)で対応)

対象に車に乗っていたドライバが契約してたのはBangkok Insuranceという保険会社だったが、担当の兄ちゃんも30分以内でちゃんと来る、作業は慣れているのかテキパキしてる。なかなかV-CLAIMの兄ちゃんにはイライラしてしまった。こちらがタイ語しゃべれないのも悪いんだが、交通事故の処理に出てくる用語をちゃんと理解してる外国人も少ないのではないか??

というわけで次回以降はBangkok Insuranceで検討するかな。この保険会社にバイクの保険があるのかわからんけど。。。

久しぶりのバイク事故 2020年08月07日

IMG_20200731_134929__01
↑ 改めて見るとあんまり事故したようには見えないな。被害が軽傷だからか。

先週の金曜日久しぶりにバイクでバスに突っ込んでしまいました。。

渋滞のスクンビットの通りでバスの後ろから追い越しをかけようとしたところでバスが急ブレーキかけて止まりきれず激突。そして横倒れになって左車線に居た車にも接触。自分は大した怪我はなく、左の車はボンネットに傷。バスは(そもそも車体ボロボロだが)自分の車体にダメージがないと認識すると、「マイペンライ」とそのまま走り去ってしまった。となると左の車との後処理が残るのだが双方保険屋呼んで状況説明、クレームのドキュメント作ってもらってサラッと分かれる。

まー自身の怪我は手に擦り傷と若干の打撲ぐらいなので病院行くまでもなく、バイクと車の物損のみで対応。困ったのは自分のバイクのスマートキーが衝突のショックで回らなくなってしまい、メットインスペースを開けることができない、エンジンがかけられない、という問題が発生したこと。

ぶつかったショックでメットイン開くボタンからワイヤーが切れたか外れたかでボタンが機能しておらずスカスカだった。エンジンはなぜかスターター回す ”On” の位置までダイヤルが回らない。たぶんこれもぶつかったショックで中のパーツがずれてひっかかって回らなくなっているんだろう。

しかし、エンジンがかからないのはなかなか困る。一瞬、これ、そのまま廃車か?と考えたが、駐車場のおっさんとかに聞き込みし、一番近所のバイク修理屋に持ち込み、修理をお願いする。

約1時間でエンジンもかかるし、メットインも開くようになった。カウルの中のステーとかが折れてたりするのかな、と思っていたが、ステーが外れていただけで、はめ込み直したら全部ちゃんと動くようになったぜ!とのこと。嬉しい!修理代は?たった300バーツ(約1000円)。とりあえずそのままバイク乗って自宅まで帰りました。

そして次の土曜日、バイクを買ったYAMAHAの正規の販売店に行って、「ぶつけちゃって、壊れたから部品取り寄せして交換してくれない?」と言って注文。値段は?1000バーツ(約3000円)。安!トータル1300バーツの修理代です。保険屋にクレームするのめんどくさいので自分のバイクの修理はもうそのまま自費でやろう。

しかし、修理代はなんとか安価にすんだが、事故して少ししょんぼりしました。これからは少しゆっくり走ります。。。

IMG_20200731_134936__01


↑ 車用だが、なにげにこれよさげ。360度ドライブレコーダー。バイク用があればそれこそ有益じゃないだろうか?

ベイルート大爆発映像で思い出したのはこれだった。。。 2020年08月06日

昨日ツイッターで流れてきたベイルートでの大爆発映像は凄かった。。。

何が凄いて、その衝撃波。爆発から1テンポ置いて、ドドーン!と広がってくる爆風。

これは。。。AKIRAだ!

AKIRAの大爆発の描写もまた正確に描かれていたのね。

そして下記の映像はまさにドーム状に膨らむ。。。!

こんな光景見る時ってのは普通に考えれば死に直面してる時なんでしょうけど、インターネットのおかげ、SNS、ツイッターのおかげ、爆発が2回に渡っていたおかげなんであろう(1回めの爆発で周りの人間がスマホ撮影しはじめたおかげで2回めの大爆発が記録に残った。でもスマホ撮影しながら死んだ人も居るんだろう)。

不謹慎承知だが、めったに見れないものを見させていただきました。不謹慎承知だが、「すげえ!」って興奮しました。。。適当なこと言ってますが、生で見てたら腰抜かして小便ちびってたと思う。あれは怖いよ。。。

どんだけ酔っ払って寝てたってバイクから落ちるやつはいない 2019年12月24日

Ride

なにかと飲む機会の多い年末年始、12月もよく呑んでました。

最近は飲むときには必ず通勤用バイクは自宅に置いておくか、会社の駐車場に置いておいて、タクシーやバイクタクシーで自宅まで帰るようにしてます。

先日はつい飲み過ぎたせいもあって、アソークから自宅のラマ3までバイタクで帰るときにすやすやと寝てしまった。自宅前について運ちゃんから声かけられて起きた。

が、やっぱりバイクの後ろで寝ていても落ちないものですな。20年ほど前ナナハンに乗っていて、大学の先輩を後ろに乗せて約45分の道のりを送ったことがあるが、その人も到着して後ろを見たら自分のバックパックにしがみ付いてスヤスヤと寝ていた。

バイクの後部座席と言えど、寝てたって人間落ちることはまずない、という経験上の感覚ですが、落ちた人いるのかな?少なくとも自分の周りでは一人も居ない。

まあ、だから酔っ払ってバイクの後ろで好きなだけ寝なさいとも言えないし。ただ思っただけの書いてみただけ。。。