仕事の過去メール全部をiPadで閲覧 2013年02月21日

iPad 2 group test setup

先のスモールビジネス仕事術を読んでいて、ふと気づいたメールの使い方。

今の手持ちのスマホ、タブレットで仕事のメールが見れるからと言って過去の仕事のメールが全部見れるわけではないのでやっぱりちゃんと過去のやり取りもさかのぼって確認して仕事をするのであればノートPCが居るなと最近まで考えていたら、今のGmailが無料で提供してるメールの容量ってのはもう10GBになっているんですな。普通に考えてコンシューマー向けの無料のサービスが一般の企業が社員に対して提供しているメールのアカウントのものよりも大容量なサービスを提供している。しかもこれが使い勝手が良いんだから素晴らしい。

だからよく考えると、普通に仕事してる人ならGmailの10GBで今までの仕事のメールの全部入ってしまうんじゃないかと思う。よほどでかいサイズの添付ファイルのやり取りが頻繁、なんて人でなければ十分に5,6年分ぐらいのメールが入ってしまうでしょう。

GmailでIMAPを有効にして、自分の使っているメールソフトでそのGmailのIMAPアカウントを設定し、今までのメールを全Gmailのアカウントにドラッグしてしまえばすぐに過去のメールは移行出来てしまう。そして後はスマホ/タブレットアクセスなどのためにPOP3が開かれている会社であれば、同じGmailアカウントでPOPメールも取得する設定をしておくと新しいメールもガンガン入ってくる。

嬉しいのはスマホやタブレットでアクセスする際にどんな貧弱なマシンでもローカルのストレージ容量を気にせず過去メール全部に対して検索したり、ラベルごとに一覧表示したり、仕事の過去メールにGoogleの検索アルゴリズムを使えるようになること(しかも検索のオーバーヘッドはGmailのサーバー側!)。これでどこに外出してても、PCを持っていなくても必要な仕事のメールにはいつでもアクセスできるようになる。それが幸せなことなのか不幸せなことなのかはちょっとおいといて、とにかくノートPCの役割が減ってきているのです。ま、よくよく考えれば容量の話は別としてずっと前からやろうと思えば出来てた話なんだけどね。

ただし、スマホ/タブレットアクセス用の外部向けPOP3サービスにGmailからアクセスさせてメールを取得するという方法はほとんどの大きな会社では禁止されている事項じゃないかと思う。ほとんどの会社でメールボックスのメールを外部に許可なく転送することは禁止されていると思うが、やってることはそれとほぼ実質変わらないことなので気をつけなければいけない。先の読後文で載せたスモールビジネスの仕事術のように数人で回してるような小規模ビジネスならなんとでも融通が聞くだろうけど、大手の会社はめんどくさいことばかりなのでうっかりこんな設定したまま放っておいて、後で見つかって処罰なんてことも可能性は大です。

でもスマホやタブレットだけで仕事のメール全部にいつでもアクセスできる利便性は中々素晴らしいものだと思われます。。。

解任 マイケル・ウッドフォード 2012年10月10日

Untitled

日本の経営vs外国人社長ってな構図でいろいろ雑誌に書かれていた元オリンパス社長の手記。外国人社長の目から見た日本的経営とか内部告発者の心情とかそのへんの内容を読んでみたくてこれまた楽天koboで購入。

企業買収M&Aで巨額の金額が動いているのに専門家による判断がまったく行われていないなど不透明な部分が多すぎる -> 取締役会の人間全員に問題提起 -> ほぼ無視される -> さらに外部監査などを利用してさらに調査、脇固め -> 取締役会にて社長の解任決議 -> 外部への公表 -> どんどん話が大きくなる -> 実は現経営者がどうのこうのというよりバブル期の有価証券運用で出た巨額損失をずーっと隠し続けていたが、それが会計制度の変更に伴い顕在化することを恐れて会計上企業買収のやりとりの上での損失に見せかけて消しこんでしまおうというスキームだった -> 結局会社の長年の大きなキズを暴いてしまった。。。

という実際に告発して誰が得したのか??というような内容。こういう損失隠しって今回オリンパスで顕在化したけど、大企業ならどこでも規模の大小あれどありあそうな気がする。

日本の株主も海外の株主も株価の下落でいい思いはせず、取締役員は大部分が入れ替わり、銀行もテコ入れを行わなければならず著者もオリンパスを去らなければならず、結果的に全員が損をしている状態じゃないかと。これはちょっと不毛だなあ。

そう考えると、このような会計不正処理を公表するというのは正義にはかなったことだけど、結果としては??が多い。逆に隠し通せたら全員にとって一番良かったということにならないのだろうか?そう考えると今回は隠し通せなかった役員が責任を取り辞任、その役員を承認していた株主もまた被害をかぶったということでしょうか。しかし、事前に十分のその可能性は考えられただろうけど正義に基づいて内部不正を公表した著者も結果的には会社に居られなくなったというのが悲しいところ。やっぱやるからには自分が得をする、というぐらいの方針で最後まで反対派を排除するつもりでやらないといけないんでしょうね。とはいえ、著者にしてみれば海外で言葉の壁もあるなかで、これだけの事をやるエネルギーはすごいなあ。

しかし、いっぱしの株式投資家なんて気分で一生懸命株の勉強なんてしてますが、会社の社長に必要な(経営に必要な)株の知識ってのはまた違うのでしょうね。手記の内容の大体は理解できたが、最後に収録されている著者から他の取締役へ向けて出された書簡の会計の話、M&Aの話は半分も理解できてないです。。。

解任 解任
マイケル・ウッドフォード

早川書房 2012-04-12
売り上げランキング : 59017

Amazonで詳しく見る by G-Tools

U2 – Christmas (Baby Please Come Home)


これ、知らなんだ。U2がこの曲をやってたんですね。これいつ頃かな?映像の雰囲気からするとRattle and Humの映画からの切り出しかな?この頃のU2はホント脂乗ってますね。こういう有名な曲でもそれなりにU2カバーとして消化してる感があってオリジナルも良し、U2版も良しって感じですな。

というわけでメリークリスマス。

Baby Please Come Homeということで僕は既に帰宅したのですが、
珍しく彼女がまだ仕事で家に帰っておりません。。。ぼんやり。

スーパーサイズダイエット日記 2010年11月04日

今日はモタサイ出勤でまた会社に入る前にカオムーデーンを朝飯に食らう。

昼!バミーナームぶっかけ飯を会社の裏の屋外フードコートにて。SilomComplex2Fmezzoのコーヒー。

晩飯はちょっと飲みに行こうかなとも思ったが、うまく飲みの相手を見つけられずマクドでダブルチーズバーガーセットを食って帰宅。こう見ると食生活上は痩せる意思は無さそうに見えるね。。

そして自宅で今更ながらSAWを鑑賞。最後のシーンは、”ええー!そんなんありかー?!?!”と個人的には吉本新喜劇かと思うようなオチ。よく作るなあこんな映画。見るのに体力使った。

そして仕事帰りの彼女に呼び出されてイサーン屋台へ。以前ソイピーディーで食ったノムヤーンを思い出して注文したがこちらのは非常に脂っこくてあまりうまくなかった。。。

さすがに臨時休業

いやーもう大変ですわ。
先日のバンコクの繁華街での爆弾騒ぎ、会社の目の前。前回のエントリに載せた写真、

Lumpini park and silom road

これですが、会社のベランダから撮った写真であります。写真の中央がまさに赤服と市民、警察などが対峙しているラマ4とシーロムの交差点。右下の”ZUELLIG”と書かれたビルの前の路上に爆弾が着弾してます。そして北西から南に向けて通ってる高架がBTSの線路でちょうど南側写真が途切れるあたりからBTSサラデーン駅があります。最初にこの駅に爆弾が着弾したようですな。

自分は昨日、呑みに行こうかなんて話しがありましたが、皆と話した結果、「今日あたり何かあるんじゃない?」ということでおとなしく18時になったら、このZUELLIG CENTERのビルでぼんやりコーヒー飲んでる彼女をいそいそと連れ出し、もっこりラーメンでつけ麺食って帰宅しました。そして爆弾騒ぎ。会社の同僚に連絡しあったり、Twitterで情報収集などそこそこのバタバタ。

今日は会社は臨時休業。ていうかBTSも地下鉄もシーロム周辺は閉鎖されているので結構な数の社員が出勤できない様相ですが。。。

とりあえず自宅はバンコクビジネスエリアから少し外れた静かなところなんで今のところ安全です。。。